広域観光周遊ルートのこと

全国通訳案内士になるためには、

苦手な英語もさることながら、

日本地理と日本史という、

いわゆる社会系の科目の対策も必要となる。

(一般常識というのもあるが。)

2年前の第一回目に受けた時は、いずれもクリアできたものの、

難問(奇問?)の傾向は、やはり相変わらずとのこと。^^;;

ちなみに、昨年の傾向を見ると、日本地理の歴史化というのか、

日本史の地理化とでも言おうか。(妙な言い回しだが。)

外国人観光客の関心の高いエリアについての、

地理と歴史が出題されるとのこと。

(まぁ、本来といえば、本来なのかもしれないが。)

そこで押さえておきたいのが、広域観光周遊ルート!

観光庁のページにも、しっかり紹介されている。

訪日外国人旅行者の地方誘客に資するテーマ・ストーリーを持ったルートの形成を促進するため、具体的なモデルコースを中心に、地域の観光資源を活かした滞在コンテンツの充実、ターゲット市場へのプロモーション等、外国人旅行者の周遊促進の取組を支援します。
広域観光周遊ルート形成促進事業について[PDF:392KB]
 各地域からの広域観光周遊ルート形成計画の申請を受け、平成27年6月12日に国土交通大臣が7件(No.1~7)について認定をし、平成28年4月26日にモデルコースを公表、また、平成28年6月14日に下記4件(No.8~11)の広域観光周遊ルート形成計画について認定をし、平成29年4月11日にモデルコースを公表いたしました。

観光庁のサイト

学習用の備忘録として、留めておきたいところ。

http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kankochi/kouikikankou.html

ミニマリストのこと

ワタシ自身、ミニマリストだと思っている。

2014年10月1日から、ミニマリストということにしている。

一時期は、”ブーム”のようでもあったが、

今はすっかり落ち着いたといえるだろうか?

(それとも市民権を得たのだろうか?)

ただ、ワタシは、そのブームの後も、ミニマリストであると思っている。

実は、当ブログに先駆けて、別のブログをスタートしていた。

(現在も運営中ではあるが。)

今回、「全身表現舎 キワダチ」のサイトを立ち上げたことで、

元々のブログを、”ミニマリスト特化型”のブログにしたいと思った。

当ブログと併せて、ご愛顧いただければ、幸いである。

<ブログ>ミニマリスト・ハイパラさんは考えた

余談からの、閑話休題。

主宰ブログについて

もちろん、全身表現舎キワダチの、業務ブログが第一と考えてはいるが、

他方、主宰であるワタシの、”人となり”も見ていただきたいと思っている。

そこで、オンである業務ブログだけではなく、

「主宰ブログ」と称して、いわゆるオフの顔も綴っていく予定である。

テーマとしては、以下のものを考えている。

先行していたブログから、該当のカテゴリを移管することにしている。

■ランニング・トレーニング

中年小太りの状態からの脱却を目指して、

2015年あたりから、ダイエットを兼ねて、ランニングを始めている。

もともと運動音痴なので、相変わらず苦戦はしているものの、

個人的に大きな関心事でもあるので、書いていきたい。

■自己成長としての「人」「旅」「本(映画)」

大好きな出口治明さんの本に、すっかり感化されてしまっているが。

人と旅と本こそが、自己を成長させるのだというご意見には賛同したい。

これまで出会った人や、これから出会うであろう人からの示唆や、

また、日常から少し離れて、近場の旅や遠くに出向いた旅から得られた刺激、

あるいは、読んだ本から得た知見といったものに加えて、

ワタシ的には、鑑賞した映画も加えたいと思っている。

■余談からの、閑話休題

もちろん、余談もあるだろうが、

ただ、余談を打ち切って、本題に戻さないと、いけないので。

そもそもの、正しい使い方というのは、こういうことらしいので、

それに従って(?)、余談は挟むものの、ちゃんと戻し忘れず、

正しい脱線(のようなもの)も、織り込んでいきたいと思う。

人となり/為人 とは?

生来の性質、人柄。

デジタル大辞泉

言葉は、(できるだけ)正しく使いたいところ。

とまあ、まずは楽しく続けることを念頭に、

「人となり」をお伝えできればと思う。


健康組織コンサルタントのこと

厄年。

個人的には、ただの迷信だと思っていた。

他方、40年ほど生きてくると、どこかにガタは来るとも思っていた。

なんとなく他人事であった厄年に、まさかここまで見舞われるとは。

本厄をはさんで前後3年間。(41歳から43歳)

ワタシはというと、会社を、ほとんど休職しなければならなかった。

家族の介護など、「外的」なことに加えて、

うつ病、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群と、

「内的」なことも重なってしまった3年間であった。

その後、生活もさることながら、”生き方そのもの”も見直した。

休職中は、正直、相当に辛かったが、

近頃は、どうにかこうにか、人生を整えることができている。

そこで思い知ったのが、健康であることの大切さであった。

(骨身にしみて、というレベルで。)

こちらでは、健康組織コンサルタントと名乗っている。

中小企業診断士として、企業組織の「健康」にお役立ちしたい気持ちとともに、

企業組織を構成する人の、人体の組織をも含めた助言ができたらと思っている。

ワタシのような経験は、しないに越したことはない。

その想いから、微力ながらお役に立ちたいと思うに至った次第である。

食生活アドバイザーとして、パワーサプリメントスペシャリストとして、

あるいは、自身でも取得を目指している、睡眠改善インストラクターとして、

健康の3大要素である、栄養・運動・休息の側面から、

経験を交えたお話ができれば、幸いであると思っている。

全国通訳案内士のこと

そもそもは、英語の勉強をやり直したいと、まず思った。

英検やTOEICが頭に浮かんだが、全国通訳案内士を選んだのは、

我ながら意外なセレクトであったと思う。

大学時代の友人が取得したのに感化されたと言うのも相当大きいが、

わが町・堺から「世界遺産」が誕生するかもしれないと言うことも、

決して無関係では無いと思っている。

全国通訳案内士という資格は、語学力のみならず、

日本の地理や歴史、一般常識に加え、

2018年からは、”通訳案内の実務”も科目として加わることになった。

他方、”改正通訳案内士法”が平成30年1月4日に施行され、

通訳案内士の名称が「全国通訳案内士」となるほか、

通訳案内士の業務独占規制が廃止され、

資格を有さない方であっても、有償で通訳案内業務を行えるようになるなど、

通訳案内士制度が大きく変わることとなった。

一方、これからの日本においては、インバウンドが肝になるのは間違いない。

通訳できる人の「量」が圧倒的に足りないことを受けての措置であるが、

観光立国を目指し、実現するには「質」は必須と思われる。

となると、全国通訳案内士の資格にはチャレンジし続けておきたいと思う。

2020年の東京オリンピック、2025年の関西の万博もさることながら、

先述のわが町の古墳群も、2019年の登録を目指しているので、

この流れに、自身も関わっていきたいと考えている。

さて。

2017年の初受験の時は、英語で失敗してしまった。

(社会系3科目は、何と合格していた!)

そして2018年は、英語と実務だけでよかったと言うのに、

結局、英語で落ちることになってしまった。

(英語のやり直しと言いながら、英語がネックになってしまっている。。。)

そして、2019年。

実務以外の4科目で、3度目の正直、一次試験に臨まなければならない。

本格開業の前に、当ブログでは、

2019年の受験とその経過をお伝えするとともに、

過去二回の受験経験なども、つづっていきたいと思っている。

思えば、受験勉強をするにあたり、多くのネット情報に助けていただいた。

ワタシのブログも、(少しでも)お役立ていただければ、

こんなに嬉しいことはない。