初めてのフルマラソンが教えてくれたこと

2019年12月1日、第9回大阪マラソンに参加した。

初めて堺シティマラソン10kmに出たのが、2016年のこと。

ハーフマラソンなどにチャレンジしながら、

ようやく、ここまでたどり着いた次第。

当日、緊張のせいか、腹痛に見舞われ、出発が遅れてしまった。

大阪城についたのは、荷物受付が終わる少し前という。。。

非日常のことなので、やはり不測の事態というのは起こりうる。

着替えを済ませ、荷物を預けたら、直ちにスタート地点に移動。

何しろ、参加人数がすごいので、少しずつ前に進む感じか。

そんなことをしていると、今度は尿意を覚えてしまった。

スタート前に済ませようとトイレに向かうも、何とも長蛇の列であった。

結局、用を足して、スタート地点に向かおうとするも、最後尾に回ることとなり、

実際のスタートまで、またもや待たされることになった。

そして、なにやらわからないうちに、どうもスタートしていたらしい。^^;;

気持ちの高揚っぷり惑わされないよう、歩くくらいのペースでスタートをした。

5km地点に向かう前の、造幣局の手前あたりで、またもや尿意が。^^;;

我慢して走る気にもならず、ここでも順番待ちを覚悟することにした。

5kmの、大江橋付近を南下し、御堂筋に入った。

沿道の応援や、ボランティアの方々の心遣いが、何とも嬉しかった。

大阪のメインストリート・御堂筋はよく歩くが、

さすがに車道を走ることなどはないので。(笑)

見慣れた景色が、妙に新鮮に感じられた。

難波まで来たら右折し、西区方面に向かう。

京セラドーム大阪が見えてきたら、10km地点。

相当抑え気味に走っていたので、まだまだ余裕すら感じていた。

今回の、大阪マラソンの新しいコースの特徴であるのだが、

街中を走る作りにしているので、折り返しが多い。

15km地点が、先の10kmポイントのほど近くにあったくらい。

その後は、なにわ筋を南下するコースを取り、

岸里あたりで折り返せば、20km地点になる。

これでようやく、半分弱かと思っていたら、ここでもまた尿意が!^^;;

これだけ汗をかいているというのに、出るものは出るのか?とあきれつつ、

これまた結構な順番待ちに。^^;;

気持ちを切らさぬようにと気をつけていたら、

数人が痛みなどを訴えて、応急処置を受けにきていた。

20kmも走ると、やはりどうにかなるのかなと思いつつ、

前回の、泉州国際マラソンで走った、ハーフの距離に達したあたりで、

幾分かまだ、余裕があったように思えた。

「案外、行けるのでは?」と思った矢先、脚に痛みを覚えるようになった。

25kmを過ぎ、天王寺方面に向かうべく、再度南下した頃には、

30kmに到達していないというのに、「30kmの壁」のようなものを感じた。

(おそらく気のせいのはずだが。)

それもそのはず。

ワタシ的には、最長不倒ともいうべき距離を走っているので。

抑え気味にと走ってきたが、いよいよ足が進まなくなってくるのを感じた。

そして、30kmを超えたあたりから、いよいよ厳しくなってしまった。

他方、沿道の方の声援というのは、何とも心強いものである。

特に、小さなお子さんの声は、何ともありがたかった。

ハイタッチも大勢の方と行なって、力をいただいた。

また、脚が痛そうに走っているワタシを見て、台湾の方と思しき人が、

エアサロンパスを貸してくれた。

こういうやりとりが、普段はなかなか希薄なので、嬉しかった。

今里筋を走る直線は、何とも厳しいものがあったが、

残りの距離がカウントダウンされてくるタイミングでもあるので、

とにかく、力を振り絞っていた。

鴫野あたりを左折すると、いよいよ40km地点。

こうなると、大阪城が目に入ってくる。

もう少し、あと少しと思いながら、脚を引きずって走った。

大阪城公園内を入ると、カメラ撮影の方が多くいて、

苦しいながらも、出来うる限りナイスなスマイルと

ガッツポーズはさせていただいた。

そして、ゴール。

なぜだが、こみ上げてくるものがあった。

体調を崩し、うつ病にまでなり、

会社を休職せざるを得ないところにまで追い込まれながらも、

自分自身を生き方、スタイルを変えたいと思うに至り、

ちょうどその頃から、少しずつ走り始めた。

4年ほどまえの話である。

それから、このフルマラソンの日を迎え、

ワタシ的には、完全復活のためのランでもあった。

そしてまた、一番しんどかった時期から、サポートしてくれた方々への

感謝のランでもあったと思う。

本当に、よかったと、心から思える体験であった。

今は流石に、足が痛い。^^;;

ただ、こうなると、欲も出てくる。

もっと早く走り抜けたいと思うし、正しく走れるようになりたいとも思う。

昨日のマラソンは、ゴールではなく、スタートであるのだと。

私の会社にも、副業解禁の波

ようやく、か。

否、何かと保守的と言われる食品業界の中では、早かったりして。

今の所は、申請や審査は必要なものの、

就業規則の中で、”副業のススメ”ということで、

近頃、舵を切った。

まあ、申請や審査は、今後も必要になるかと思われ。

それにしても、我が社的にも、副業はやむなしというか、

会社にとってもメリットあり!と踏んだのか。

それにしても、大きな一歩と言えるのではないかな。

ワタシが学生だった頃から、日本的経営の終焉など、

そんなフレーズがチラホラ出ては、いた。

(平成6年に、社会人になった世代である。)

ただ、「変わる」というか、「変える」というのは、

いつの時代においても、難しいものでもある。

そういえば、2017年は、「副業元年」と言われていたか。

2019年、そう思えば、まだ早い方かもしれないか。^^;;

ワタシからすれば、待望の、といった感じか。

とは言え、当方・「全身表現舎キワダチ」も、まだ起業には至っていない。

(全国通訳案内士試験も、残念ながら不合格であったし。)

ただ、来るべき2020年には、何としても通訳案内士になって、

まずは、会社に副業申請したいと思っている。

また、中小企業診断士の試験にも初チャレンジするつもりでもあるので、

キワダチを開業にこぎつけて、ワタシも副業をスタートさせたい。

変化の波の、”際”に立って、人生100年時代を駆け抜けたいところ。

人生初の、フルマラソンに向けて、ラン・トレ中。

2019年度の全国通訳案内士試験は残念な結果に。

とはいえ、日常は続いていく。

今は、12月1日の、大阪マラソンに向けて取り組み中である。

とはいえ、もうあと2週間ちょっとでもあるので、

疲労を残している場合でもない。

「フルマラソンを快走するためのトレーニング&補給術」を参考にしたい。

涼しくなって、走りやすくなったと思いきや、

一気に寒くなったのが、多少堪える今日この頃。^^;;

2019年度 全国通訳案内士の受験結果

残念ながら・・・

3度目の挑戦も、合格ならず。。。

結局は、当初の予想通り、

日本史の結果で、不合格となった。。。

そう、見直しはなかったと思われる。

よって、2020年度は、日本史の再受験と、

通訳案内士の実務の2科目で、

一次試験に臨むことになった。

時に、英語については、3度目の挑戦で、

ようやく合格基準点を突破できた!

これは、ワタシ的には、かなり大きい!!

とはいえ、英語は、二次試験にも必要なので。。。

早速、二次対策に、こちらの本をセレクト。

全国通訳案内士試験 英語二次口述パーフェクト対策posted with ヨメレバ江口裕之/佐治博 ディーエイチシー 2019年08月09日売り上げランキング :
楽天ブックスAmazonKindle

あと、今回ダメだった日本史をきちんと復習し、

得意科目だからといって、決心慢心することのないよう。

また、通訳案内士の実務については、2回目である今年は、

この資格の名物なのか(?)、珍問が多かったとのこと。

来年は是正されることを願って。(笑)

来るべき2020年も、忙しくなりそうである。

中小企業診断士の、初受験の年でもあるので。

40代の終わりに、まだまだ勉強であるか。^^;;

当サイトのデザイン変更を画策中

正式に開業したら、と考えているが、

いつも頭の片隅にあるのが、サイトのリニューアル。

Word Pressのテーマのサイトなどを時々チェックして、

候補に挙げているのは、ずっと変わらずAGEMDAである。

ただ、サイトいじりにまで手を出すと、

輪をかけて忙しくなりそうなので。^^;;

「具体的なイメージを抱き続けること。」

継続には、これが必要。

ダイエットも然り、というし。(笑)

そう、体重も一頃からすると、随分と落とせた。

シュッとした自分を、イメージし続けた賜物と言える。

第9回大阪マラソンまで、これも継続取り組みを。

せめて、ブラマヨの小杉より、早くゴールしたい。(笑)

勉学も、スポーツも。文武両道で。