全国通訳案内士

日本史の対策本

「外国人観光旅客が多く訪れている、

又は、外国人観光旅客の評価 が高い観光資源」

日本地理の時と同様、この原則は変わらない。

(と、思いたい。)

ワタシ個人的にいえば、実は日本史は得意科目でもある。

受験生の時の遺産で、まだ何とかなると思いたいが、

30年ほど前のことでもあるので。^^;;

大まかな流れは、なんとなく思い出せるとしても、

ここもやはり、ビジュアルからのインプットは欠かせない。

というわけで、使っているのは、こちら。

山川 詳説日本史図録 第7版posted with ヨメレバ詳説日本史図録編集委員会 山川出版社 2017年02月03日売り上げランキング :
楽天ブックスAmazonKindle

これはもはや、学校の授業の資料集ではあるも、

今の所、これに勝る資料集もなさそうではある。

山川ブランド、強し!か?(笑)

日本地理の対策本

「外国人観光旅客が多く訪れている、

又は、外国人観光旅客の評価 が高い観光資源」

このあたりが出題されやすいとのことであるが、

少なくとも2年前に受験した時は、

もっと奇問(?)が多かったような。^^;;

ただ、本来の試験の意図からすれば、

上述の通りであるべきだとは思う。

とはいえ、ワタシはもともと、受験の際は、

日本史を専攻していたので、地理はさっぱりであった。

そんな中、ワタシが使っている教材は、コチラ。

旅に出たくなる地図 日本 19版posted with ヨメレバ帝国書院編集部 帝国書院 2017年02月27日売り上げランキング :
楽天ブックスAmazonKindle

やはり、目で見るというのが、効果的かと思われる。

ちなみに、トリップアドバイザーによると、

人気観光スポットの最新情報は、こうなっているらしい。

外国人に人気の日本観光スポット 2019

なるほど!というのもあるが、外国人が選ぶというところが、

なんとなく、「らしさ」を感じさせるところもあるか。

ちなみに、2018年はこちら。

外国人に人気の日本観光スポット 2018

試験の範囲と考えれば、こちらが使えそう。

(問題作成が間に合わないと思うので。)

全国通訳案内士の試験作成者も、ぜひみていただいて、

いいかげん、マニアックな問題は控えていただきたいところ。(笑)

和文英訳と、日本事象

一次試験の英語で、この大問2つで、60点もある。

合格のガイドラインが70点なので、

困ったことに、比率が高い!

というより、高過ぎないか?^^;;

特に、日本事象は、日本語で出されても、分からないことがある。

英語は、読めなくはないが。。。

本日も、その対策に明け暮れていた。

結局は、「日本語力」が求められているのでは?と、

今更ながらの気づきであるが。

受験票が届いた。

8月18日の試験日が近づいている。

そしていよいよ。

受験票が届いた。

2019年度全国通訳案内士試験

今年の大阪会場は、

立命館大学の大阪いばらきキャンパスとのこと。

過去2回は龍谷大学であったが。

まあ、気分が変わって、良しとしようか。

ここまで来たら、新しいことをするよりかは、

これまでの積み重ねをブラッシュアップするのみか。

幸い今年は、夏休みが9連休もある。

ただ一方で、ダレないようにはしたいところ。^^;;

ワタシの場合は、英語が肝と言いながら、

今回は、地理と歴史と一般常識も受験しなければいけないので。

スパートをかけるとしようか。

通訳案内士のセミナーを受けるべく、上京することに。

先の模試で、というより、過去2年の英語で、

いつも苦戦しているのは、日本事象の箇所である。

日本語で出されても、間違えてしまうほどに苦手である。

和文英訳が、5問で30点と、ここも肝ではあるが、

6問で30点と同じく高配点の日本事象には苦しめられているので、

その対策をと思っていたところに、このセミナーを見つけた。

通訳案内士と言う資格は、まだまだマイナーと言えるのか、

なかなかこういった「対策」のようなものは少なかったりする。

ただ、ここをクリアできれば、合格を手繰り寄せられると思ってもいる。

というわけで、東京でしか行われないセミナーであるが、

思い切って参加することにした。

7/27と7/28の、それぞれ午前中のみと短めではあるが、

何とかものにしたいところ。

前日の7/26から前乗りする予定なので、

ちょっとした旅行気分でもあるが。(笑)

8/18の試験日まで、もうあと一月か。